hasaqui yamanobe

Towards a Newest Laocoön
  • 6

    Followers

  • 1

    Followings

山之辺ハサクィは18世紀ドイツの思想家G.E.レッシングの『ラオコーン』について研究を行い、2009年に東京芸術大学大学院美術研究科を修了。その後も『ラオコーン』及びその影響の系譜について関心を持ち続け、2016年後半より“Towards a Newest Laocoön”を志向した制作を開始した。現在は美術理論・批評と機械学習の領域を横断する制作を行なっており、Convolutional Neural Networkを活用した情動と寛容に係る造形に取り組んでいる。

Libidinal Neuro Economics gs series R

300 x 300 x 30 mm, 2019

Illustration, CG

hasaqui yamanobe

Draft

Libidinal Neuro Economics gs series L

300 x 300 x 30 mm, 2019

Illustration, CG

hasaqui yamanobe

Draft

Libidinal Neuro Economics gs series M

300 x 300 x 30 mm, 2019

Illustration, CG

hasaqui yamanobe

Draft