菊池遼個展「OUTLINES」

  • 1

    Followings

EUKARYOTEでは10月4日(金)から10月27日(日)の会期にて菊池遼の個展「OUTLINES」を開催致します。
菊池遼は1991年青森県生まれ、2017年に東京造形大学大学院造形研究科美術専攻領域修了し、シルクスクリーンの技法を併用しながら精緻な絵画作品を作りあげます。
その作品の魅力は、水墨画のような図像の静けさとそれに相反するような艶やかな表情であったり、支持体を切り出すことから始まり画面にバーニッシュを幾度も重ねて仕上げることなどの技術的な拘りやクオリティの高さから生まれる直感的な強度だけに止まりません。

本展で発表するシリーズである〈void〉は、写真を元にシルクスクリーンによって描き出され羅列したドットで構成されており、それは絵具などの物質として定着しているにも関わらず、そこにあらわれる像の輪郭は作品に対する鑑賞者の位置によって移ろいゆきます。
点と点との間の中空は「もの」の存在と本質との距離であるかのように、鑑賞者は作品に近づくほど像が霧消してゆくのを目の当たりにすることによって「もの」の儚さや辿り着けなさに気づくでしょう。そして鏡面のように仕上げられた画面に自分が写り込んでいるのを見た時、自身の知覚を頼りに見ている「もの」の新たな輪郭の可能性を思考し始めます。

グロス調に仕上げられた表面に鑑賞者や周囲の風景が映り込むなど、知覚を揺さぶる仕掛けについて菊池は元々は副次的なものだったと話しますが、「言葉による『もの』の輪郭づけのしかたの改変」と作品制作を位置づけているからこそ、それらの要素が意味を持ち、菊池の作品の造形物としての完成度、凛とした存在感の強さを可能にしているのでしょう。

今回は出展作品を〈void〉シリーズに統一し、15点程度、新作と近作を交えて紹介致します。深遠なテーマに紐付けられた菊池の各シリーズの代表といえる本作シリーズを「もの」の輪郭について思考を巡らせる契機としてご高覧頂けましたら幸いです。

※10月12日〜13日までルミネゼロで開催されるアートフェア「LUMINE ART FAIR -My first collection-」にも出展いたします。
また、EUKARYOTE3階は11月に個展を開催する香月恵介と菊池遼との2人展になります。


2019/10/04 - 2019/10/27
菊池遼個展「OUTLINES」
オープニングレセプション: 2019年10月4日(金)18:00〜20:00
デザイン: 西頭慶恭

会場:EUKARYOTE
東京都渋谷区神宮前3-41-3
Open : 12:00-19:00
Closed : Monday
http://eukaryote.jp/exhibition/outlines/

Draft

Draft

Draft

Draft

Draft

Draft

Draft

Draft

Draft

Draft

Draft

Draft

Draft

Draft

Draft