西島大介個展「トゥルーエンドを探して」

OVERVIEW

  • 展覧会名 :西島大介「トゥルーエンドを探して」
  • 会期 : 2017/11/18(土)~12/2(土) 11:00~19:00
  • 休廊日:月曜・火曜
  • 開催地 : AWAJI Cafe & Gallery 東京都千代田区神田淡路町2-4-6 エフアンドエフロイヤルビル1階
  • オープニングレセプション:2017/11/18(土)18:00~

ACCESS

全イベントが観覧できる通し券(3000円)は下記リンク先と会場にて販売しています。
購入特典のCDR「歌バカ」は、まほレコからの33枚目の最新リリースとして、最初で最後の歌モノ全20曲を収録した特別版。限定50枚となります。

【50個限定】イベント通し券購入

CONCEPT

企画概要

西島大介は2004年にゼロ年代のSFや批評シーンと連動する形で漫画家デビューし、以降 、マンガの枠にと留まらず、音楽家「DJまほうつかい」として、また純粋な芸術家として、多 岐にわたり活動する不思議な作家です。と同時に、そのいずれの表現においても、失敗=「 バッドエンド」や、良くも悪くもない結果=「ノーマルエンド」を繰り返す作家でもあります。 本展示では、会場を「ノーマルエンド」/「トゥルーエンド」に二分。DOMMUNE出演時に作 成した「犬小屋」、物語上の決定的な分岐点となった『ディエンビエンフー TRUE END』6話 の全生原稿、総再生時間14時間を超える膨大な音楽など、過去に試みた膨大な実験的作 品群を「ノーマルエンド」として展示します。 また、最新作となる「ぼうや」立体作品や絵画を「トゥルーエンド」として展示します。

PROFILE

西島大介

1974年東京生まれ。広島在住。2004年に書き下ろし長編コミック『凹村戦争』(早川書房)でマンガ家としてデビュー。同作は平成16年度第8回文化庁メディア芸 術祭審査員推薦作品となり、またこの年に星雲賞アート部門を受賞。 以後、『世界の終わりの魔法使い』(河出書房新社)、『ディエンビエンフー(未完)』(小学館)、『Young Alive, in Love』(集英社)、『I Care Because You Do』(講談社)、『ALL ABOUT マンガっち』(INFAS)、『土曜日の実験室 詩と批評とあと何か』(筑摩書房)など多数の作品を発表。 現在は「月刊アクション」(双葉社)に移籍し、『ディエンビエンフー TRUE END』を連載中。

【主な展示】
2016年 「ぼうやがいっぱい So Many Boys」ワタリウム美術館…on Sundays/ 東京
2016年 「マンガ・北斎・漫画ー現代日本マンガから見た『北斎漫画』展」/ 海外巡回
2015年 「DJまほうつかい すべてがちょっとずつ優しい世界 CANDLE NIGHT CONCERT / EXHIBITION」ヴァンジ彫刻庭園美術館/ 静岡
2015年 「くらやみ村 森のおばけ」 六本木ヒルズA/Dギャラリー/ 東京
2010年 「世界の終わりのgalaxxxy」 渋谷galaxxxy in Hi-F- Box/ 東京
公式サイト: 西島大介ウェブ
公式twitter: 11月18日(土)〜個展「トゥルーエンドを探して」

ラジオ

泰平×西島のラジオ「トゥルーエンドを探して」

展覧会の紹介ラジオです。全3回。




startbahnに登録する