富士山頂に吹きすさぶ気流ベクトル

2016年

iPad、STLデータ、透明樹脂、3Dプリント

Ryota KOGA   managed   by   startbahn運営

Sculpture, Relief, 3D-Printing

"流体シミュレーション+透明樹脂3Dプリンティングによる富士山頂付近の気流の流れを可視化します
※透明樹脂3Dプリンティングがそろうのは会期半ばとなります、、、

協力: 
株式会社クロスアビリティ 長代新治、古川祐貴、千田範夫
東京大学物性研究所 山崎淳、古宇田光
丸紅情報システムズ社

利用特許技術: 特願2016-199955 立体物形成指示装置、立体物の製造方法、及びプログラム"

*本作品は2017年1月6から1月22日までAWAJI Cafe & Galleryにて行われている「富士山展β」に公式出展中の作品です。