MAGUMA

1303 x 1303 x 50 mm, 2018

絵、電飾、布

グロイスフィッシングクラブ managed by startbahn運営

Painting, Drawing

Fujiは怒っていた、と思う。 少なくとも私はそう感じた。 2017/12/29の年の瀬に富士山を訪れた時、私たちは富士山を登ることもできず、洞窟に入ることもできなかった。 Fujiが呼びつけたから来たのに、チャイムを鳴らしたら沈黙。そんな感じ。 私はFujiのことを色々誤解していた。 美しい山。日本の象徴。 それは実物を見ても感じたが、同時にまったく知らなかった側面もあるのではないかと思った。 最後に富士山が噴火したのは1707年。 それまでの噴火活動で噴出したMAGUMAが形成した洞窟が女性の胎内に酷似していることから胎内洞窟と呼ばれ、生まれ変わり経験や子宝祈願/安産祈願に役立っている。 しかし、本当の富士山の姿は果たしてそんなものなのだろうか。 休止中のこの312年の間に人々はとんでもないことを忘れてしまったのかもしれない。Fujiはまぎれもなくただの山でありMAGUMAなのである、ということを...。