Wave of Light

2019

Japanese paper, scroll

新造真人

Photograph

かの有名な葛飾北斎の「富嶽三十六景」は、じつは沢山の富士山を集める「富士山尽くし」がテーマである。新たな年のはじまり祝うために、富士山を象徴する水色によって、富士山を再構成することに挑んだ。

日本の家屋には床の間がある。そこに飾られるべき作品として、制作をした。水色の三角が描かれた掛け軸である。これは富士を望む海岸線を多重露光によって撮影したことで、浮かび上がった形である。水色の三角形とは、記号としての富士である。祝祭(=水色)の掛け軸を、新年の祝いに。

エディション数:2
作品テーマ:祝祭、富士山
制作手法:多重露光、和紙プリント、軸装